2016年の日本プロ野球(NPB)も
もう半分の試合数を消化しましたね。

それにしても毎度言っていることではあるのですが
野球は楽しさがわからないと見ている分には
さっぱりとおもしろくないスポーツであります(笑)
例えばフィギュアスケートは観ているだけで優雅で
音楽も相まってエンターテイメント性もあります。
アメフトなんかもルールがよくわからなくても
球技をしているのか乱闘合戦なのかで
血気盛んな人は楽しめます(笑)

しかしいざ楽しさが理解出来たのであれば
(ルールがイマイチ理解出来てなくても
 楽しいならOK(笑)
 なんせプロ野球選手でも野球のルールのテストをしたら
 20点しか取れなかった、なんていうのも平成初期の話です(笑))
是非とも野球場へ観戦に行って欲しいものです。
アマチュアは保証できませんが
プロの試合はやはり凄いです!

今年のプロ野球は平均観客動員数
(お客さんが球場へ来てくれている人数の平均)が
去年のペースよりも上がっているようです。
やはり日本人は野球が好きなんですね。

しかし、僕はちょっと今日は声を大にして言いたい。

野球場へ行くなら観戦でもグローブを持っていけ!と(笑)

kese2

最近はプロ野球の球団への応援熱もグーンと上がり、
チームのメガホンやグッズのみならず、
選手たちと同じユニフォームを買って、
それを着て応援したりするなんていう光景は
もう当たり前になってきました。
というよりも、むしろ応援席付近は
ユニフォームを着てない人の方が珍しいくらい(笑)

一昔前は法被なんていうのがありましたが
最近はもう同じデザインのユニフォームが当たり前。
好きな選手、贔屓な選手の背番号や名前も入れちゃったりして。
すごい人になるとその選手の応援歌まで入れちゃったりして。

それは大変結構なことなんですが、
やはり野球場へ行くならばグローブを持って行って欲しい。
僕は応援用ユニフォームよりも先に
グローブを手に入れて欲しいと思ってます。

何故かと言うと、野球は簡単にボールが観客席に飛び込みます!
ホームランだけではありません。
ファールボールも飛び込んできます。
むしろファールボールはばんばん飛んできます!(笑)

守る手段は避ける!
これが一番安全です。

しかしお客さんに囲まれていたら
身動き取ることも難しいことがあります!
そんな時はボールを手で弾くしかありません。
しかし、そこでグローブがあったら?
これは素手で弾くよりもよほど簡単です。
捕れるかどうかは運次第ですが
少なくとも素手でボールをはたくよりも
大きなグローブではたく方が何倍も簡単です。

野球をやったことが無い人は
グローブを持っていてもボールをとらえすのは難しいです。
しかし無いよりはマシです。
超運動音痴でない限り人間、
頭や顔に飛んできた物には手がとっさに反応します。
万が一頭や顔に飛んできた場合は
ボールをよく観て、グローブで自分の胸から上を守りましょう。
胸から下はほとんどの人は
よほど運が悪くない限り骨折はしません。
しかし胸から上は生命の危険があるので
一生懸命防御しましょう。

ポイントはボールをよく観ることです。
試合中、どこからボールが飛んでくるかわかりません。
出来る限り、タイムがかかってない時や
守備交代の途中以外はボールからは目を離さないようにしましょう。
フィールド内や自分からかなり遠くに行ったフライは
目を離したり見失ってても大丈夫です。
アクマで自分の方に飛んで来るボールは要注意しましょう。

先にも言いましたが安全なのは
捕る、はたくよりも、ボールを避ける!
これを優先してください。
野球をかなりやっていないと
プロ野球選手の打球を見極めるのは難しいです。



kese

さて、肝心のグローブです。
グローブはとてもたくさんの種類があります。
どれを買っていいのかわからないのでは?と思い
ここに個人的先入観満載のアドバイスをお送りします(笑)

一番の方法は、野球をやっていて(昔でも今でも可)
知っている人に相談することです。
稀にかなり気前の良い人が
数日後に余っているグローブをくれることがあります(笑)
不思議な話ですが、プロでもないのに
グローブを2個3個持っている人は多くいます。
実際僕も2個をバッグに入れてました(笑)
家には更に3個くらいあったような!

しかしそんな棚ボタを望んではいけません。
一緒にお店に行って選んでもらいましょう。

この時に「やるのではなく、観戦時に身を守るため欲しいので
大きめのを」と相談して下さい。
さもないと「野球はじめるの?!よし、オレとやろうぜ!」とか
「まずは小さいグローブで感覚を掴まないとな!」とかいう
事態になりかねません(笑)

もしあなたが女性で男性に聞く場合は特に注意してください!
男性球児(野球をやる男性のこと)にとって
女性球児(野球をやる女性のこと)は
かなり萌ポイントが高く、
男性はときめいていること間違いなしです!(笑)

さらにグローブを二人で買いに行った時なんてもう大変。
よくスキー場の女性はスキーウェアとゴーグルのせいで
普段より素敵に見えると言いますが
野球のグローブはそれとほぼおなじ感じで
男性球児を悩殺するアクセサリーとして
十二分な殺傷力を持っています!(笑)
是非注意してください!

もし、相手がグローブに詳しいようでしたら
「ソフトボール用でもいいんだけど」と言ってみてください。
ソフトボールは野球よりもボールが大きく固いので
普通のグローブより大きく、丈夫に作られています。
硬式ソフトボール用はべらぼうに高いかも知れませんが
軟式ソフトボール用は普通の野球グローブよりも
ちょっと高め(+3000円)くらいで丈夫で大きく安心です。
それにソフトボールは女性プレイヤーも多いので
可愛いグローブもあります。
simimages
(ウィルソンベアー。軟式野球用も出ていますがメインはソフトボール用)

ただソフトボール用はやはりスポーツ専門店、
しかも野球やソフトボールにかなり力を入れてないと
置いてませんので知っている人がいないと心細いですね。
もしそういうお店があったら店員さんに
聞いてみてもいいかも知れません。

ネットショッピングでもグローブはたくさんありますが、
僕はあまりオススメしません。
大きさがよくわからないので(笑)
実際に手にとって見てみて欲しいです。

近くにグローブについて知っている人、
野球やソフトボールに力を入れてるお店が無いという場合は
自力でグローブを購入しなければなりません。
幸い、近年はドン・キホーテなどの
ディスカウントショップでも野球グローブは売っていますし。

そんな時はどんなグローブを買ったらいいか?

ざっくり言うと、税込みで5000円近くくらいの
大人用のグローブならまあ大丈夫かと思います(笑)
これは5000円以下で、ということではなく
グローブだけ買って5000円付近、
(4500円~5500円)くらいなら
安くて物もそこまで悪く無いグローブだと思います。

一度友達が「間に合わせ」で
デパートで3000円そこらのグローブを買ってきましたが
かなり質が悪かったです(笑)
正直、あれは万が一ファールボールが飛んできて
あなたの身体を守ってくれても
その1回が最後、
もう事切れることになると思います(笑)

もちろん5000円付近でなくとも
それ以上の価格のグローブならわりかし
大丈夫だと思います。
それと有名メーカーのグローブはやはり凄いです。
僕が一番はじめに持ったグローブは
兄のお下がりのミズノの5000円くらいのグローブでした。
しかしそれは25年くらい使えました。
やはりミズノは凄いです(笑)

そして初めて買ったグローブは
9000円でした。
これは僕が軟式から硬式ボールに変わる際、
年季の入った兄のお下がりのミズノは
全然使えたのですが
いい加減、手が痛すぎるので変えました(笑)
近くのスポーツショップがオリジナルで作っていたグローブで
軟式硬式両用のグローブをセールで安く売っていたので
それを買いました。
これはやはりとても丈夫で
今でも全然使えます。

その後に僕は投手に挑戦したくなり
グローブの形状的に投手に向いてないということで
投手用のグローブを買いました。
ちなみに、野球選手はポジションで
グローブを使い分けなくてはいけないわけではありません。
主にグローブは
・投手用
・内野、二塁遊撃手用
・三塁用(オールラウンドモデル)
・外野手用
の4種類ありますが
別に内野手でも外野手用をつけても
外野手なのに投手用をつけても違反ではありません。
ただし投手をやる際は色々と
グローブの色などに違反事項があります。
これはやる人が注意しなくてはならないことなので
ここでは語りません。
気になる人は調べて下さい。
(記憶が曖昧なので丸投げします(笑))

そしてアマチュアや高校野球などでも
規定があるので、
例えばせっかく買う以上、子供も使えるように
と思っている方も注意して買いましょう。

・捕手
・一塁手
は、グローブでなく、「ミット」と言います。
捕手ミットはともかく
一塁ミットは大きいので防御という点は良いですが
ミットはだいたいちゃんとした品物は
1万円を超えるのでやめときましょう。
(それ以下のミットは買わないように!
 ちなみに僕は幸運にもセールで
 4000円のソフトボール用ミットを買いました。
 今では友達が草野球で使ってますが
 かなり使いやすいらしく
 いまでも手入れをして使っているそうです)

話を戻します。
僕は投手用グローブを
「在庫処分セール」で2500円くらいで買いました(笑)
かなり安いです!
お店の人も
「お目が高いですね。
 これこの間まで6000円だったんですよ」
と褒めてくださいました(笑)

このグローブは本当に当たりで。
軟式用なのに硬式で使っても
存分に活躍してくれました。
しかしこんな幸運は滅多にありませんから
参考にしないほうが良いです(笑)

軟式用なのに硬式用で使った仇か
3年で布が破れてしまいました。
本当はつぎはぎとかして使いたかったのですが
よく働いてくれたのでお役御免となりました。

プロ野球は硬式ボールですが
ファールボールから身を守るなら
ちゃんとしたメーカーならば
軟式用でも構いません。
僕は兄のお下がりミズノを使って
硬式ボールでしばらくやってましたし。
ずーっと使っていれば革も破れますが
時々飛んでくるファールボールを交わすことくらい
造作もないことです(笑)
たとえ直撃しても1回2回じゃそう簡単に破れません。

そして2500円の軟式用グローブ崩壊後、
ぼくはようやくちゃんと正式な硬式用グローブを購入しました。
ZETTという僕にしてははじめて
全国区に名前が知れているメーカーのグローブです。
それの投手用を買いました。
カラーも僕の好きな赤でした。
有名メーカー&色もこだわったため
1万5000円くらいでした(笑)
高!と思われるかも知れませんが
硬式用グローブでは安い方なんです。。。

そして漫画家になろうと漫画を描くのが忙しくなって
野球をほとんどやらなくなって僕の野球人生は終わりました。
今は全く野球をやってません(笑)
キャッチボールすらしてません(笑)

ということでファールボールから
身を守るためには
5000円付近のグローブで大丈夫だと思います。
背番号、ネーム入り応援用ユニフォームと同じくらいですよね。
良ければ是非ご購入を検討ください。
そして球場内で観戦時の良き相棒としてください。

ちなみに。
野球をやるならやっぱりちゃんと
良いグローブを買った方が良いです(笑)
大きさや自分の手をはめた感じなど
選び方が難しいので本当に知っている人や
お店の人に聞いて選んで貰いましょう。
セール品で過ごしてきた僕ですが
セール品はあんまりオススメしません(笑)
僕は成功しているのですが
友達は失敗したりしているので(笑)

野球をちゃんとやるなら
軟式なら14000円くらい
硬式なら20000円を超えるくらい。
それくらいは必要かなぁと思います。

そして軟式野球をやるなら軟式用を買いましょう。
軟式グローブで硬式はあまり問題ありませんが
(上記描いた壊れたりはします!)
硬式グローブで軟式ボールを捕るのは曲者です。
硬式ボールは硬いので
硬式グローブも表面が硬く作られています。
柔らかい軟式ボールを捕球時に
ぼよよーんと飛んでいってしまいます(笑)
是非軟式ボールで野球をする時は
軟式グローブでプレイしましょう。
さもないととんでもないイージーエラーしますよ(笑)

しかし硬式金属バットで軟式ボールを打つのは
それはそれでとんでもない打球が飛ぶので
公式戦以外で、練習中や遊びの試合みたいな場面では
ちょっと使ってみても良いと思いjます(笑)

kese

ところで、この記事を読んでお気づきになられたかも知れませんが
僕は野球グローブが大好きです(笑)
なので↑絵を描く時も細かく描いてしまいます。
(漫画家時代はグローブ以外ももっと細かく描けと注意されました。。。)

買ってあげたり貰ったりなんてした分も含めると
二桁行くんじゃないかな、グローブやミット持っていた数(笑)
……
数えてみたら11個までは確認出来ました(笑)
でももっとあるかも知れないと思うのが怖い!